石垣・西表@離島へのたび<1日目>

2019年2月17日(日)。
今回は、40年ぶりに石垣島へ。沖縄本島はすっ飛ばし、離島のたびを楽しみました。

▲羽田から石垣への直行便に乗ります。


▲天気予報どおり、石垣島はお天気わるし。。
羽田からは約3時間半かかります。

石垣空港から石垣の市街地までは、直通のリムジンバスで移動。
ホテルについてふーとしたら、もう4時ごろ。

ちょっと散歩して、早めに夜ごはん食べに行こうっと。


▲石垣島の公認マスコットぱいーぐる
カンムリワシです。


▲飲食店などが並ぶ通り


▲730(ななさんまる)記念碑
沖縄が本土復帰して6年後の1978年7月30日、車の右通行から左通行に変更されました。


▲シーサーがお出迎え
ここで夜ご飯食べることにしました。


▲サラダと石垣牛の炙りにぎり
あー、まったりするなー。遠くにきたもんだなー。

つづく…

広島・宮島への旅<3日目>

2019年1月9日(水)。早くも3日目、最終日です。
午前中に、まだ行っていない市内観光を少々。
ホテルをチェックアウト後、そのまま荷物預けて徒歩でGO!

▲広島城へ


▲天守閣
再建された天守閣です。


▲天守閣の最上階から

次は、、


▲名勝 縮景園
1620年、広島藩主浅野長晟によって別邸の庭園として造られたものだそうです。


▲とても素敵です。


▲真ん中あるのは石の橋です。
近づいてみると、階段に傾斜があり登りにくい→渡るためではなく見るための橋だそうです。
縮景園はもう少しゆっくり散策したかったのですが、帰りの新幹線の時間が。。残念。


▲広島からのぞみで大阪入りします。


▲お昼ごろ出発だったので、駅弁買って食べました。
この弁当は…見た目はおいしそうなんやけど、あまり口に合わなかったな。イマイチでした。


▲そして、なんと!示し合わせたわけでもないのに、阪急の最寄り駅で相棒の友人と遭遇!
そりゃあ、お茶するでしょう。

広島・宮島への旅<2日目>

2019年1月8日(火)。広島での朝です。

▲おはようございますー。ホテルの窓から。

今日は、宮島へ向かいます。


▲JR広島駅
宮島方面行きの電車に乗ります。
広島電鉄の電車でも行けますが、時間がかかる(1時間以上)ので、こちらを選択。
ひろでんの方が安いですけどね。


▲約30分ほどで到着です。JR宮島口駅。


▲JR宮島フェリーに乗ります。
JRの駅から徒歩5分ほどです。Suicaが使えるので、スイスイ乗船。


▲JRフェリーは鳥居の近くを通ります。
宮島松大汽船のフェリーもありましたが、こちらに乗りました。


▲宮島桟橋から歩くこと数分で、こちらの風景。
鹿さんいるし! 奈良公園ほどたくさんいません。

厳島神社へ行く前に、先に弥山(みせん)へ行きます。
山はなるべく午前中に行った方が、体力的にもお天気的にもいいかなという判断です。


▲ロープウェー乗り場までは歩いて20分ほど。
ロープウェー乗り場までの道は、紅葉谷公園内をとおり、なかなか素敵な散歩道です。

ロープウェー乗り場から2つのロープウェーを乗り継ぎます。


▲1つ目のロープウェー


▲2つ目のロープウェー


▲獅子岩駅に到着。到着した付近です。
向こうに見える弥山山頂を目指します。
登山道はのぼりくだりがあるもののよく整備されているので、楽しくハイキングができます。


▲おや、樹の根元にお地蔵さん?


▲岩場というか大きな石がごろごろ。


▲弥山本堂


▲願掛けかしら?


▲くぐり岩


▲弥山山頂
山の成り立ちが気になりますね。
ロープウェーではなく、下から歩いて登ってくる中高年のグループもあり、頂上の展望台付近はお弁当を食べる人で賑わっていました。


▲山頂付近からの景色


▲舟岩
岩の下にお地蔵様。


▲大日堂


▲さて、また2つのロープウェーに乗って戻ります。

弥山ハイキングも終わり、厳島神社へ


▲厳島神社


▲厳島神社から鳥居を望む


▲厳島神社内


▲厳島神社から駅へ:お土産屋さんが立ち並ぶ道


▲「宮島でがんす」を食べました。
ご当地グルメかな。魚のすり身を揚げたもの。揚げたてはおいしかったです。


▲宮島桟橋から帰りのフェリーに乗ります。

さてと、、、、ちょっとまだ時間もあるし、急遽、足を伸ばして岩国まで。
錦帯橋、見てこよう!


▲広島とは逆の方向、岩国行きの電車に乗ります。

JR岩国からバスに乗って、錦帯橋まで。


▲錦帯橋


▲もちろん渡りますよ!
しかし、往復で300円! ひょえ、まさか渡るのに料金かかるとは予想外でした(^_^;)


▲すでに夕方で陽が傾いてきました。冬場は日没が早いですね。


▲またバスに乗って岩国駅まで。
岩国って広島県ではなく山口県です。Suicaも使えませんでした。


▲JR岩国駅


▲広島行きの電車に乗って戻ります。


▲夜は広島駅構内の飲食店で、ロールキャベツの定食をいただきました。
おなかいっぱーい。

充実した1日でした。つづく。。。

広島・宮島への旅<1日目>

2019年1月7日(月)。
お正月のイベント?おさんどんも無事終わり、やれやれ。
今回は広島・宮島へ行くことにしました。
実は行ったことがありません。(正確には1歳ごろ行っているようなのですが記憶なし。)
家族にも「え?行ってなかったんだ?」と驚かれました。

▲羽田空港:広島行きに乗ります。


▲お天気も良く、富士山もこのとおり!きれい!かっこいい!


▲予定どおり広島空港に到着。
ここからリムジンで広島市内へ移動し、まずはホテルにチェックイン。
荷物置いて午後は市内観光します。


▲原爆ドーム
日本人なら日本人でなくても、一度は訪れるべき。


▲維持するのも大変だと思われますが、残していくべきです。


▲原爆投下された8/6、テレビで何度も見たことがある場所。


▲資料館
父の勤務の都合で5歳で福岡へ。小学校は福岡市内の学校に通っていました。
6年生の修学旅行は雲仙・長崎。
長崎も原爆投下された都市。事前に原爆のことを学校で勉強してから修学旅行へ。
もちろん長崎でも資料館に入り、そのときの印象は子どもながらに強く残ったことを今でも覚えています。
資料館内を、欧米系の人たちが熱心に見ていました。
どう思ったのでしょうか。
(時期なのか?中華系の旅行者はあまり見かけなかったです。)


▲こちらは原爆死没者追悼平和記念館


▲ここ一帯が公園になっています。
平和を維持するのは、実は大変なことなのです。


▲広島電鉄の市内電車
便利ですよー。


▲夜は、お弁当。
一人だとこうなりますね。

つづく。

お疲れにはやっぱり草津温泉<2日目>

2018年11月20日(火)。草津温泉2日目です。
草津温泉付近を散策します。

▲ガラス工芸の店? ポストが印象的です。


▲西の河原公園


▲稲荷神社があります。
鳥居がずらーっと。京都の有名なおいなりさんみたい?


▲温泉が滝のように流れています。


▲温泉が流れています。
硫黄のニオイもしますよ。


▲草津熱帯園
温泉の湯の熱を利用しています。


▲このドーム内が熱帯園
しかし、高温多湿のためいきなりメガネがくもりって、みえへんがな~。
カメラのレンズもくもってしまいました。


▲カピバラくん
やっとこさカメラレンズのくもりも取れて、何とか撮りました。


▲大滝の湯
こちらの温泉に入りました~。
草津温泉はお湯が熱いのが特徴ですが、ここではお湯の温度が違う湯船がいくつかあって、自分に合うお湯につかれます。


▲ここでいっぷく。


▲草津温泉バスターミナル
帰りはバスで。


▲ボチボチ乗ります。

1泊でしたが、リフレッシュできました。

お疲れにはやっぱり草津温泉<1日目>

またまたブログの更新が…。
10月半ばから約1ヶ月。長女のサポートのため休みなしで家事子守に明け暮れておりました。

2018年11月19日(月)。
体調は風邪も引かず割と良かったのですが、やっぱり「ふ~」という感じでしたので、思い切って一泊で草津温泉に行くことにしました。
草津温泉は行ったことがなく、前々から一度は訪れてみたいと思っていました。

▲うえの~うえの~
往きはJRで行きます。


▲特急「草津3号」長野原草津口行き
上野のエキナカでお弁当を買って12:12発の特急に乗ります。


▲さーて、さっそくお弁当。
発車前からお弁当を食べ始めていた乗客さんもいましたが、やっぱり出発してからでないとね。


▲車窓から


▲約2時間20分ほどで長野原草津口に到着


▲連絡しているバスで草津温泉に向かいます。
平日ですが満席。補助席にも人が。

まずは宿に荷物を置いてから散策へ。


▲有名な湯畑


▲湯畑


▲湯畑


▲やっぱり見たい、湯もみ
希望者は湯もみ体験もできますってことで、そりゃやるでしょう。(^_^;)
一人旅なので、自分がやっているところの写真はなし。


▲2階席から


▲湯もみ観覧終わって外に出ると、もう外は暗くなっていました。
夜もキレイですねー。


▲夕飯は外で。
ツリーの見えるこの店でのんびりお好み焼きを食べました。

このあと宿に戻って、温泉につかって。。。あ~ほっとするわ~。

明日へつづく。

新緑の小諸、上田ぶらり旅<2日目>

2018年5月11日(金)。旅の2日目です。
上田で一泊しました。

▲ホテルでの朝食
オリジナルのアップル黒カレーというのがおいしそうだったので、朝からカレー。

荷物はホテルで預かってもらって、街歩きにしゅっぱーつ。


▲こちらの高校、お屋敷の門がそのまま校門になっています。


▲やっぱりはずせない上田城址


▲上田城のお堀あと
一時期、ここを電車が走っていたそうです。


▲真田が築城したということでも有名


▲真田石
何やら伝説のある石のよう。


▲真田井戸
抜け穴があったらしい。


▲天守閣は今はなく、こちらは北櫓


▲北櫓内に展示されていた


▲明治初年の上田城の写真。
なんかこういうのを見ると、ロマンを感じます。


▲武者姿の役者さんが。ありがち。


▲上田市立博物館


▲真田十勇士、霧隠才蔵のオブジェ
真田十勇士といえば、昔、萬屋錦之介(当時は中村錦之介)が幸村を演じたテレビドラマ「真田幸村」。
私の頭では、これにつきます。


▲レトロな雰囲気の旧北國街道


▲観光化されていますけど、のんびり歩けます。


▲こちらは猿飛佐助のオブジェ


▲定食ランチ

そのあと、あちこち歩いて最後は。。


▲近代化産業遺産:笠原組常田館製糸所


▲選繭場
なんと大正時代に建てられた鉄筋コンクリート製の建物


▲選繭場の内部


▲ランプシェードの作品が展示してありました


▲選繭場から繭倉庫への廊下


▲入り口


▲昇降機


▲繭倉庫は木造


▲かつての面影


▲繭倉庫の外観


▲経済産業省認定近代化産業遺産、上田市の指定文化財として保存されていて一部が見学できるようになっていました。


▲JR上田駅
さて、ボチボチ東京へ帰りましょう。

日本にはまだ良いところがたくさんあります。
あちこちたずね歩きたいです。