みんなで帰阪楽しいな。でも大阪北部地震に遭遇!

2018年6月16日から18日の2泊3日の予定で、母のお見舞いを兼ねてみんなで帰阪。
メンバーは、相方と長女親子、私の4人。
今回は、妊婦幼児連れということで、3日間新大阪からレンタカーを利用することにしました。

1日目。
昼過ぎには新大阪に到着。さっそくレンタカーに乗り込み、母に会いに。
使っていた腕時計が壊れたというので、新しいのを買って持って行きました。
ひ孫を連れていったこともあり、とても喜んでくれて良かったな-。
この日は夕方に実家に到着。
「明日は万博公園へ遊びに行こう!」

さて2日目です。
朝ご飯済ませて、早速出かけましょう。
レンタカーですいすい万博公園まで。

▲太陽の塔


▲太陽の塔 後ろ姿
チビコは、太陽の塔が気に入ったらしく、にこにこしながらしきりに眺めていました。
何かおもしろく感じたのでしょうか?


▲ちび連れだと、どうしてもこうなります。
ながーい滑り台。
大人だけだと、日本庭園とかあじさいまつりとか。


▲おもしろ自転車:じーじとちびこ。
これは家族みんなで楽しめて、めちゃ楽しかった!もちろん私も乗りましたよ。

こうして2日目は楽しく過ぎ去りました。

そして3日目! 朝は実家でのんびり過ごして、お昼頃の新幹線で東京へ戻る予定でした。
朝ご飯すませて、コーヒー飲みながらのんびりしていたそのとき!
突然、ガタガタガタ!と、ものすごい揺れ。地震だー!!
東北地震ほど長くはなかったですが、こわかったー。
全員リビングダイニングに居たのですが、食器棚などは倒れなくて良かったです。

しかし、地震警報が鳴る前に揺れましたよ。


▲玄関はこのとおり!
靴箱の上に立てかけてあった、母のお友達が描いた油絵がたたきに落下。
ちょうど脱ぎ散らかしたスニーカーの上に落ちてクッションになったこともあり、額のガラスは割れていなくて良かったなー。
割れていたら、子どもの靴もあるし、ガラスまみれになって大変だった。。

家中を点検したら、仏壇の中がゴチャゴチャっとなっていたり、納戸の上にあったものが落ちていたり。。その他諸々。
大きな被害なくて良かったです。


▲地震直後、次女が心配してラインで連絡してきました。
地震直後、停電が発生。こういうときは、大阪以外の方が情報が入りやすいですね。
次女がテレビの画面を送ってきてくれました。

幸い停電も割とすぐ復旧。
さて、どうしましょ。交通機関もストップだし。もう1泊する?

。。と、とりあえず掃除したり片付けて、様子を見ていましたが、新幹線も動く気配なし。
お昼が近づいてきて、豊中へご飯食べに出るかということになり、レンタカーで出発。
イナロク(176号線)へ出たら渋滞していたので、Uターンして裏?から(いつも豊中へ歩いて行く道)豊中へ。
しかし、行こうとしたショッピングビルは閉鎖。ありゃ。
阪急電車もストップしているし、バス停、タクシー乗り場は大行列。あきらめた高校生?たちが駅でお弁当食べていたり。

ミスドが開店していたので、そこで軽食。とりあえずヨシ。
そうこうしているうちに、新幹線が動き出したというネット情報をキャッチ。

指定を取っていた新幹線は運休。時間をあれこれ考えて、夕方の新幹線を再度予約。
こういうときEXカードは便利だな。スマホでさっくっと予約完了。

レンタカーも少し時間延長してもらい、実家を出発。
案の定、道は混んでいましたが、想定内。
予想していた時間内には新大阪につきました。


▲新幹線、動き出してはいましたが、15:50現在で、まだ13時台の新幹線が出発していません。
予約したのは16:10。 ひょえー、まだ数時間待たないとあかんかしら。
しかし、思ったより早く次々と発車。


▲新幹線乗り場出入り口は、大勢の人が。。
バス以外の交通機関がストップしているため、バス停やタクシー乗り場はずらーっと並んでいました。
今回レンタカーを借りていたため、助かりました。

予約していたのぞみは、定刻より35分遅れで新大阪を出ました。


▲チビコは新幹線内で遊んだりお弁当食べたり、「新幹線、楽しいなー」と言ってました(^^)


▲夕刻の富士山

名古屋あたりで、少し時間調整などがありましたが、約1時間遅れで東京に到着。
無事、帰ってきました。

もう1泊しようかという話もありましたが、帰ってきて良かった。
余震もあったらしく、もう1泊していても大変だったでしょう。

<記録しておく意味も含めて、詳しく書いてみました。>

お墓参り、そして京都へ

2017年12月9日(土)。
弟一家が実家のお墓参りへ行くというので、私も同行しました。
ご先祖様へのお礼、そして亡父への報告もあり。

▲滋賀県長浜市
ブラブラと街中を歩いて墓地へ向かいます。


▲長浜は琵琶湖畔の北部にあります。


▲太閤さんのお膝元でもある城下町です。


▲敵からの攻撃の備えて、色々工夫されていたんですね。


▲こちら昔のお風呂屋さん。
叔父の話によると、入ったことがあるらしいです。


▲今はやっていません。とっくに閉めていますね。


▲お墓参りも終わり、お昼はここで。


▲私は梅とろろそば
寒かったので、おそば食べてあったまりました。

長浜の後は、大阪戻る前に途中下車→京都へ


▲こちら、東本願寺の飛地にあるお庭。渉成園(しょうせいえん)枳穀邸(きこくてい)


▲なかなか風情のある落ち着いたお庭


▲こちらは東本願寺
実家は東本願寺大谷派で、亡父もこちらに分骨しました。

…そして、最後は東寺のライトアップ!入場料1,000円!


▲池に五重塔が写って美しいです。


▲紅葉と五重塔の組み合わせも幻想的(この写真は姪っ子が撮った写真です。)

寒かったけど風がなかったので、夜でも割と大丈夫でしたね。
濃厚な1日でした。
よく歩いたな~>2万6千歩

たまには飛行機乗ります

2017年12月7日(木)。帰阪します。
新幹線ばかりだと飽きるので、たまには飛行機に乗ります。

▲羽田空港第2ビル
ANAのゲート前。搭乗待ち。


▲誘導路
滑走路へと向かいます。良い天気です。


▲1機前の飛行機が離陸し、次ですね。
離陸待ち…5機ほど順番を待っていました。
ドアが閉められてから離陸まで20分以上かかりました。
羽田ではいつものことなので、たいした感想もなし。


▲離陸しました。


▲大阪城見えました。まもなく伊丹です。
街中を降りていくので、いつも窓の外を見ています。

「大相撲と日本刀」という企画展へ

2017年8月24日。
大阪歴史博物館で開催されている「大相撲と日本刀」企画展に行ってきました。

▲大阪歴史博物館の建物


▲日本刀?って思いましたが、そういや横綱土俵入りのとき、太刀持ちが持っているのが日本刀。
そうか、横綱の神器なんですね。考えてこともなかったです。
空いていたのでゆっくり鑑賞できました。
大相撲の歴史もわかる企画展で、お相撲好きな私には神技としての相撲を感じられました。
写真はNGでしたのでありません。


▲同じ建物にこんなものが。
大阪万博のときに作られたタイムカプセル。
1号機は5000年後に開封されるらしい。
2号機は2000年に開封され、その後再埋設、100年ごとに開封されるらしいです。


▲同じ建物内にあるNHKのBKプラザ
こちらもちょっと立ち寄ってみました。


▲エレベーター内


▲帰りの阪急電車

大阪くらしの今昔館

しばらくブログの更新をさぼっておりました。

2017年8月21日。今月二度目の見守り帰阪中。
天六(天神橋筋六丁目)にある大阪くらしの今昔館へ行ってきました。

▲入口


▲館内エスカレーター壁にも江戸庶民の様子が描かれています。


▲大阪の町屋が再現されています。


▲屋根の上にネコ


▲江戸のおもちゃや?


▲防火用水


▲山車
芸術的な美しい山車です。


▲ジオラマ


▲ジオラマ
昔(小学生の頃)これに似た団地に住んでいたので、懐かしかったです。
給水塔も懐かしい。

百舌鳥古墳群

2017年8月8日(火)。
世界遺産登録候補となっている百舌鳥古墳宮へ行って来ました。
飛行機から前方後円墳がえ見るでしょ。だから、前々から一度行ってみたかったんですよね。

▲JR百舌鳥駅

鹿の耳からモズが飛び出してきたという言い伝えから、このあたりを「百舌鳥耳原(もずのみみはら)」と呼ぶようになったということです。
鹿の耳からってそーんなわけはなく、何か事件か事象をたとえたものと思われます。


▲迷うことはありません。順路は、ハイこのように。
もちろん、途中、観光案内所に寄って、このあたりの散策マップをいただきてきました。


▲御陵通り
仁徳天皇陵が面しています


▲収塚古墳
仁徳天皇陵のまわりにある小さな古墳です。
他にもいくつかあります。


▲仁徳天皇陵


▲管理は宮内庁
説明板2行目に「百舌鳥耳原中稜」とありますね。
以前はこう呼ばれていたようです。


▲仁徳天皇陵近くのカフェレストランでお昼
ちかくには飲食店はみあたらず…。駅の近くならもっとあるようですが。
でもおいしかったですよー。
和系ランチメニューもあり、おいしそうでしたが、量が多そうだったので断念しました。
食べきれない。

隣接する大仙公園内をちょっと歩きます。


▲平和塔
いつになったら世界平和が訪れるのか。。。地球がそれまでもつんだろうか。


▲へー、熊野へつづくんですって。


▲大仙公園内にある自転車博物館
自転車に興味あるわけではないのですが、ちょっとおもしろそうなので寄ってみました。


▲木製の自転車


▲皇太子殿下(今の天皇陛下)に献上された自転車


▲こういう自転車も展示されています。
昔の自転車も色々ありましたよ。


▲大仙公園内を歩いて・・


▲竜佐山古墳
これも小さい古墳です。


▲孫太夫古墳
形は、帆立貝形前方後円墳。形も色々あるんですね。


▲堺市博物館


▲やっぱり古墳のテーマが一番


▲古墳から出土した鎧


▲これは明治5年に調査されたときの図面だそう(複製)


▲図面を基に作られた模型
こんな感じなんだ。


▲ガイドブックを買いました。
左は子供用ですが、こちらの方がイラストも多くてわかりやすい!
字も大きいしね。


▲JR百舌鳥駅

なかなか楽しい古墳遠足でした。ロマンを感じますね。
古墳は他にもあるので、また機会があれば行ってみたいです。

有馬温泉は有馬口から

2017年7月31日。今日は有馬温泉まで遠足。
ちょっと前から行ってみようと考えていました。

最寄り駅から十三で神戸線に乗り換え。

▲阪急神戸三宮駅で降ります。


▲三宮駅前付近
大震災のころはかなりヒドイ状態だったはず。。


▲阪急電車高架下の路地


▲神戸市の地下鉄乗り場
以前は、阪急電車で新開地まで行き、そこから神戸電鉄に乗って有馬方面へ行ってました。
今は、三宮から地下鉄で谷上まで行き、そこで神戸電鉄に乗り換えます。
ショートカットで行けるようになっていて、便利になっていました。
ちなみに地下鉄は新神戸までで、そこから谷上までは北神急行電鉄に乗り入れ。


▲神戸地下鉄の三宮駅ホーム


▲谷上に到着、ここで神戸電鉄に乗り換えます。
しかし、トンネルが多かったわー。


▲有馬口で有馬温泉行きに乗り換えます。


▲有馬口駅
この駅の近くに、昔、祖父母が暮らしていたことがありました。
祖母はきゅうりやなすなどを育てていて、ぬか漬けがめちゃくちゃおいしかったです。
昔何もなかった駅前ですが、家が増えていました。
今回、有馬温泉へ行こうと思ったのも、有馬口を通ってみたかったからです。


▲有馬温泉に到着しました。


▲終点ですからね。「×」の標識が


▲温泉街の散策にでかけましょ。


▲ねねの像


▲有馬玩具博物館
入らなかったけど。


▲太閤の足湯
秀吉さんが温泉の大改修を行ったそうです。


▲暑いけど、熱い足湯に、、汗がでるけど、気持ちいい。


▲またブラブラ歩きます。


▲温泉寺


▲銀の湯(外湯)
入らなかったけど。


▲とある店の前に


▲炭酸泉源への道


▲炭酸泉源公園
ぼこぼことわき出していますね。


▲こちら炭酸泉源
飲めるそうですが。。ちょっと勇気がなく。。


▲うわなりの湯
間欠泉だそうですが、今はわき出ていません。


▲またてくてくぶらぶら
それにしても中国人が多いです。(何処行っても多いですが…)


▲お昼の和食ランチ
カレイの煮付けを食べました。おいしかったー。


▲金の湯(外湯)
入らなかったけど。


▲切手文化博物館
坂を登って到着。汗だくです。


▲博物館の外観
中は撮影NG。こじんまりした博物館でしたが、いろんな視点から切手が整理展示されていて、なるほど~と感心。
けっこう楽しめました。
坂の上にあるせいか、入館者がわたし一人でしたよ。


▲芸子さんがやってるお店。「一糸」と書いて「いと」と読みます。
コーヒーおいしかった。炭酸せんべい2枚ついていました(^○^)


▲御所泉源


▲帰りは伊丹空港行きのバスに乗ります。


▲バスがきました。
伊丹空港まで30分!はやっ!
空港まで戻れば、実家まではモノレール一駅。

あー楽しい遠足でした。