JR飯田橋西口付近

2018年10月11日(木)。

またまた用足しがてらの近所の散歩。
JR飯田橋駅西口付近は、工事継続中です。


▲西口駅舎工事
先日より進んでいますね。


▲別の角度から見た西口付近の工事

飯田橋かいわい

2018年9月20日(木)。
いや~、久々のブログ更新です。さぼりまくってましたね。
仕事で忙しかった+なんとなく更新する気か起こらなかった+更新するような記事もなかった。。。
と、あれこれ言い訳です。

なかなか夏が終わらず、やっとこの日、用足しついでに近所を散歩しました。


▲外堀も緑がうっそうとしていますね。


▲遊歩道に彼岸花。
なぜか三輪だけ咲いていました。
こういう花をみると、季節は進んでいるんだなーと感じます。


▲飯田橋西口付近
西口の駅舎が撤去され、撤去あとに、あたらしい駅舎の骨組みが作られています。


▲どのように工事が進んでいくのか、どんな駅舎になるのか、楽しみです。

都心のオアシス、緑が深い

2018年7月12日(木)。
世田谷区にある等々力渓谷へ行ってきました。お散歩。

▲等々力渓谷公園入口

階段を下っていくと、、


▲うっそうとした木々、そしてせせらぎ
涼しいなー。
ちゃんと遊歩道が整備されていて、のんびりお散歩できます。


▲赤い橋がみえます。ゴルフ橋というんだそう。


▲ちょっとそれて野毛大塚古墳に寄ってみました。


▲等々力不動尊

等々力駅近くまで戻ると、消防車や警察車両が数台。
??と思っていたら、どうやらガス漏れがあったそうで、危険なため付近を通行止めにしていました。

駅近くのカフェで軽くお昼食べて、読書して、また電車に乗って帰りました。

浦賀・横須賀、京急で行こう

2018年7月8日(日)。
前々から一度行ってみようと思っていた浦賀と横須賀。
やっと行ってきました。

▲品川から京急で浦賀に到着


▲黒船がやってきた浦賀


▲ぶらぶら歩いて浦賀の渡しまできました。
向かい岸までの渡し船が運航しています。


▲待合所
船が向こう岸にいるときは、待合所の中にあるボタンを押すと、こちら側に来てくれます。
押してええのかしら?右往左往、近くに居た人に「ええんですか?」と聞いたら、ああ押せば良いんですよとボタンを無造作に。
「自分もちょうど乗りますから」と。どうやら地元の方のようでした。


▲渡し船が向こう岸からやってきました。


▲1回200円。
海風がめちゃ気持ち良かったです。んーいい気持ち。


▲10分ほどで反対側に到着。


▲深い入り江になっています。その向こうに黒船がやってきたんでしょうか。
当時のことに思いをはせると、ちょっと不思議な気がしました。


▲浦賀造船所(浦賀ドッグ)


▲壁に浦賀の歴史に関する絵が並んでいます。


▲浦賀を出て横須賀に到着
こちらはずいぶん街ですね。


▲横須賀らしい雰囲気のどぶ板通り
写真左の店で、お昼を食べました。


▲よこすか海軍カレー
どうやら牛乳が付いているのが海軍カレーの特徴みたいです。


▲港方面へ歩きます。


▲新三笠桟橋からこれに乗って、無人島猿島へ行きます。


▲猿島見えてきました。10分ほどで着きます。


▲無人島と言っても、観光化しています。


▲猿島には、昔の要塞跡(東京湾要塞跡)があり、おもしろそうです。


▲ちゃんと散策ルートができています。


▲要塞跡ですね


▲弾薬庫


▲トンネルが見えてきました。


▲トンネルの中::フランス積れんが建造物
砲台地下施設(明治時代)がトンネル内にあります。


▲トンネル


▲砲台跡


▲砲台跡付近からの眺め


▲日蓮洞窟
砲台跡近くから下に降りていくと、洞窟があります。
弥生時代中期~古墳時代後期に利用されたそうで、貝塚や火を炊いた跡が発見されたそうです。


▲何かこんな跡も


▲発電所(明治時代中期)

さて、また同じ船に乗って新三笠桟橋に戻ってきました。


▲軍艦三笠
中にも入ることができます。



▲記念撮影する場所


▲大砲
こういうのが二度と使用されない世界は、いつ来るのか?来ないのか?


▲操舵室


▲港近くにあった灯台形の電話ボックス

こうして、暑い中の散策も終了です。

両国界隈を散歩する

2018年7月7日(土)。
運動不足解消と気分転換を兼ねて、すみだ北斎美術館とその周辺を散歩しました。

▲両国から美術館へ向かいます。
さすが両国、ブロック壁の絵もお相撲さん。


▲北斎通り


▲すみだ北斎美術館
ちょいとモダンな建物ですが、さて入口はどこ?


▲ここか。きょろきょろしながら入口へ。


▲作品は撮影NG。エレベーター前からの景色をぱちり。
スカイツリー見えます。


▲お昼は洋食屋さんで野菜カレー。まあまあかな。

お腹も満たしたし、さてもう少し散歩しましょ。


▲歩いていたら、NTTドコモの歴史展示スクエア を発見。
なんだろう?入れるん?入れそうやな。


▲昔の携帯電話がずらーり。
私が使っていたのに似たのもあるな。


▲ショルダーホン
重いですよ-。ノラちゃんがネタに使っていますね。しもしも~。


▲ショルダーホンのペーパークラフト いただきました。うふ。


▲こちらは旧安田庭園


▲落ち着いた庭


▲両国駅に向かって歩いていたら、なんでしょか、これは?
「両国さかさかさ」だそうです。雨水を傘で集めて(漏斗やね)下の桶?にためるしかけ。


▲両国駅近くにあった「‐両国‐ 江戸NOREN」
土俵がありました。

みんなで帰阪楽しいな。でも大阪北部地震に遭遇!

2018年6月16日から18日の2泊3日の予定で、母のお見舞いを兼ねてみんなで帰阪。
メンバーは、相方と長女親子、私の4人。
今回は、妊婦幼児連れということで、3日間新大阪からレンタカーを利用することにしました。

1日目。
昼過ぎには新大阪に到着。さっそくレンタカーに乗り込み、母に会いに。
使っていた腕時計が壊れたというので、新しいのを買って持って行きました。
ひ孫を連れていったこともあり、とても喜んでくれて良かったな-。
この日は夕方に実家に到着。
「明日は万博公園へ遊びに行こう!」

さて2日目です。
朝ご飯済ませて、早速出かけましょう。
レンタカーですいすい万博公園まで。

▲太陽の塔


▲太陽の塔 後ろ姿
チビコは、太陽の塔が気に入ったらしく、にこにこしながらしきりに眺めていました。
何かおもしろく感じたのでしょうか?


▲ちび連れだと、どうしてもこうなります。
ながーい滑り台。
大人だけだと、日本庭園とかあじさいまつりとか。


▲おもしろ自転車:じーじとちびこ。
これは家族みんなで楽しめて、めちゃ楽しかった!もちろん私も乗りましたよ。

こうして2日目は楽しく過ぎ去りました。

そして3日目! 朝は実家でのんびり過ごして、お昼頃の新幹線で東京へ戻る予定でした。
朝ご飯すませて、コーヒー飲みながらのんびりしていたそのとき!
突然、ガタガタガタ!と、ものすごい揺れ。地震だー!!
東北地震ほど長くはなかったですが、こわかったー。
全員リビングダイニングに居たのですが、食器棚などは倒れなくて良かったです。

しかし、地震警報が鳴る前に揺れましたよ。


▲玄関はこのとおり!
靴箱の上に立てかけてあった、母のお友達が描いた油絵がたたきに落下。
ちょうど脱ぎ散らかしたスニーカーの上に落ちてクッションになったこともあり、額のガラスは割れていなくて良かったなー。
割れていたら、子どもの靴もあるし、ガラスまみれになって大変だった。。

家中を点検したら、仏壇の中がゴチャゴチャっとなっていたり、納戸の上にあったものが落ちていたり。。その他諸々。
大きな被害なくて良かったです。


▲地震直後、次女が心配してラインで連絡してきました。
地震直後、停電が発生。こういうときは、大阪以外の方が情報が入りやすいですね。
次女がテレビの画面を送ってきてくれました。

幸い停電も割とすぐ復旧。
さて、どうしましょ。交通機関もストップだし。もう1泊する?

。。と、とりあえず掃除したり片付けて、様子を見ていましたが、新幹線も動く気配なし。
お昼が近づいてきて、豊中へご飯食べに出るかということになり、レンタカーで出発。
イナロク(176号線)へ出たら渋滞していたので、Uターンして裏?から(いつも豊中へ歩いて行く道)豊中へ。
しかし、行こうとしたショッピングビルは閉鎖。ありゃ。
阪急電車もストップしているし、バス停、タクシー乗り場は大行列。あきらめた高校生?たちが駅でお弁当食べていたり。

ミスドが開店していたので、そこで軽食。とりあえずヨシ。
そうこうしているうちに、新幹線が動き出したというネット情報をキャッチ。

指定を取っていた新幹線は運休。時間をあれこれ考えて、夕方の新幹線を再度予約。
こういうときEXカードは便利だな。スマホでさっくっと予約完了。

レンタカーも少し時間延長してもらい、実家を出発。
案の定、道は混んでいましたが、想定内。
予想していた時間内には新大阪につきました。


▲新幹線、動き出してはいましたが、15:50現在で、まだ13時台の新幹線が出発していません。
予約したのは16:10。 ひょえー、まだ数時間待たないとあかんかしら。
しかし、思ったより早く次々と発車。


▲新幹線乗り場出入り口は、大勢の人が。。
バス以外の交通機関がストップしているため、バス停やタクシー乗り場はずらーっと並んでいました。
今回レンタカーを借りていたため、助かりました。

予約していたのぞみは、定刻より35分遅れで新大阪を出ました。


▲チビコは新幹線内で遊んだりお弁当食べたり、「新幹線、楽しいなー」と言ってました(^^)


▲夕刻の富士山

名古屋あたりで、少し時間調整などがありましたが、約1時間遅れで東京に到着。
無事、帰ってきました。

もう1泊しようかという話もありましたが、帰ってきて良かった。
余震もあったらしく、もう1泊していても大変だったでしょう。

<記録しておく意味も含めて、詳しく書いてみました。>

新緑の小諸、上田ぶらり旅<2日目>

2018年5月11日(金)。旅の2日目です。
上田で一泊しました。

▲ホテルでの朝食
オリジナルのアップル黒カレーというのがおいしそうだったので、朝からカレー。

荷物はホテルで預かってもらって、街歩きにしゅっぱーつ。


▲こちらの高校、お屋敷の門がそのまま校門になっています。


▲やっぱりはずせない上田城址


▲上田城のお堀あと
一時期、ここを電車が走っていたそうです。


▲真田が築城したということでも有名


▲真田石
何やら伝説のある石のよう。


▲真田井戸
抜け穴があったらしい。


▲天守閣は今はなく、こちらは北櫓


▲北櫓内に展示されていた


▲明治初年の上田城の写真。
なんかこういうのを見ると、ロマンを感じます。


▲武者姿の役者さんが。ありがち。


▲上田市立博物館


▲真田十勇士、霧隠才蔵のオブジェ
真田十勇士といえば、昔、萬屋錦之介(当時は中村錦之介)が幸村を演じたテレビドラマ「真田幸村」。
私の頭では、これにつきます。


▲レトロな雰囲気の旧北國街道


▲観光化されていますけど、のんびり歩けます。


▲こちらは猿飛佐助のオブジェ


▲定食ランチ

そのあと、あちこち歩いて最後は。。


▲近代化産業遺産:笠原組常田館製糸所


▲選繭場
なんと大正時代に建てられた鉄筋コンクリート製の建物


▲選繭場の内部


▲ランプシェードの作品が展示してありました


▲選繭場から繭倉庫への廊下


▲入り口


▲昇降機


▲繭倉庫は木造


▲かつての面影


▲繭倉庫の外観


▲経済産業省認定近代化産業遺産、上田市の指定文化財として保存されていて一部が見学できるようになっていました。


▲JR上田駅
さて、ボチボチ東京へ帰りましょう。

日本にはまだ良いところがたくさんあります。
あちこちたずね歩きたいです。