百舌鳥古墳群

2017年8月8日(火)。
世界遺産登録候補となっている百舌鳥古墳宮へ行って来ました。
飛行機から前方後円墳がえ見るでしょ。だから、前々から一度行ってみたかったんですよね。

▲JR百舌鳥駅

鹿の耳からモズが飛び出してきたという言い伝えから、このあたりを「百舌鳥耳原(もずのみみはら)」と呼ぶようになったということです。
鹿の耳からってそーんなわけはなく、何か事件か事象をたとえたものと思われます。


▲迷うことはありません。順路は、ハイこのように。
もちろん、途中、観光案内所に寄って、このあたりの散策マップをいただきてきました。


▲御陵通り
仁徳天皇陵が面しています


▲収塚古墳
仁徳天皇陵のまわりにある小さな古墳です。
他にもいくつかあります。


▲仁徳天皇陵


▲管理は宮内庁
説明板2行目に「百舌鳥耳原中稜」とありますね。
以前はこう呼ばれていたようです。


▲仁徳天皇陵近くのカフェレストランでお昼
ちかくには飲食店はみあたらず…。駅の近くならもっとあるようですが。
でもおいしかったですよー。
和系ランチメニューもあり、おいしそうでしたが、量が多そうだったので断念しました。
食べきれない。

隣接する大仙公園内をちょっと歩きます。


▲平和塔
いつになったら世界平和が訪れるのか。。。地球がそれまでもつんだろうか。


▲へー、熊野へつづくんですって。


▲大仙公園内にある自転車博物館
自転車に興味あるわけではないのですが、ちょっとおもしろそうなので寄ってみました。


▲木製の自転車


▲皇太子殿下(今の天皇陛下)に献上された自転車


▲こういう自転車も展示されています。
昔の自転車も色々ありましたよ。


▲大仙公園内を歩いて・・


▲竜佐山古墳
これも小さい古墳です。


▲孫太夫古墳
形は、帆立貝形前方後円墳。形も色々あるんですね。


▲堺市博物館


▲やっぱり古墳のテーマが一番


▲古墳から出土した鎧


▲これは明治5年に調査されたときの図面だそう(複製)


▲図面を基に作られた模型
こんな感じなんだ。


▲ガイドブックを買いました。
左は子供用ですが、こちらの方がイラストも多くてわかりやすい!
字も大きいしね。


▲JR百舌鳥駅

なかなか楽しい古墳遠足でした。ロマンを感じますね。
古墳は他にもあるので、また機会があれば行ってみたいです。

有馬温泉は有馬口から

2017年7月31日。今日は有馬温泉まで遠足。
ちょっと前から行ってみようと考えていました。

最寄り駅から十三で神戸線に乗り換え。

▲阪急神戸三宮駅で降ります。


▲三宮駅前付近
大震災のころはかなりヒドイ状態だったはず。。


▲阪急電車高架下の路地


▲神戸市の地下鉄乗り場
以前は、阪急電車で新開地まで行き、そこから神戸電鉄に乗って有馬方面へ行ってました。
今は、三宮から地下鉄で谷上まで行き、そこで神戸電鉄に乗り換えます。
ショートカットで行けるようになっていて、便利になっていました。
ちなみに地下鉄は新神戸までで、そこから谷上までは北神急行電鉄に乗り入れ。


▲神戸地下鉄の三宮駅ホーム


▲谷上に到着、ここで神戸電鉄に乗り換えます。
しかし、トンネルが多かったわー。


▲有馬口で有馬温泉行きに乗り換えます。


▲有馬口駅
この駅の近くに、昔、祖父母が暮らしていたことがありました。
祖母はきゅうりやなすなどを育てていて、ぬか漬けがめちゃくちゃおいしかったです。
昔何もなかった駅前ですが、家が増えていました。
今回、有馬温泉へ行こうと思ったのも、有馬口を通ってみたかったからです。


▲有馬温泉に到着しました。


▲終点ですからね。「×」の標識が


▲温泉街の散策にでかけましょ。


▲ねねの像


▲有馬玩具博物館
入らなかったけど。


▲太閤の足湯
秀吉さんが温泉の大改修を行ったそうです。


▲暑いけど、熱い足湯に、、汗がでるけど、気持ちいい。


▲またブラブラ歩きます。


▲温泉寺


▲銀の湯(外湯)
入らなかったけど。


▲とある店の前に


▲炭酸泉源への道


▲炭酸泉源公園
ぼこぼことわき出していますね。


▲こちら炭酸泉源
飲めるそうですが。。ちょっと勇気がなく。。


▲うわなりの湯
間欠泉だそうですが、今はわき出ていません。


▲またてくてくぶらぶら
それにしても中国人が多いです。(何処行っても多いですが…)


▲お昼の和食ランチ
カレイの煮付けを食べました。おいしかったー。


▲金の湯(外湯)
入らなかったけど。


▲切手文化博物館
坂を登って到着。汗だくです。


▲博物館の外観
中は撮影NG。こじんまりした博物館でしたが、いろんな視点から切手が整理展示されていて、なるほど~と感心。
けっこう楽しめました。
坂の上にあるせいか、入館者がわたし一人でしたよ。


▲芸子さんがやってるお店。「一糸」と書いて「いと」と読みます。
コーヒーおいしかった。炭酸せんべい2枚ついていました(^○^)


▲御所泉源


▲帰りは伊丹空港行きのバスに乗ります。


▲バスがきました。
伊丹空港まで30分!はやっ!
空港まで戻れば、実家まではモノレール一駅。

あー楽しい遠足でした。

めふ乃寄席

2017年7月30日(日)。まだまだ帰阪中。
近場で昼間の寄席やっていないかなーとネットで探したてたら、この寄席を発見し、ひとりで出かけました。

▲めふ乃寄席
会場は、宝塚線売布神社駅前にあるビル内。
定期的に開催されているようです。


▲開演前
開演中の撮影はもちろんNGですからね。
出演者と演目は…
桂 米輝「つる」、林家 竹丸「お楽しみ」 、桂 阿か枝「厩火事」、林家 染左「莨の火」
ちゃんと生のお囃子もあり、予約すると1,200円(当日1,500縁)というお安さ。
初めての噺家さんたちばかりでしたが、楽しめました。


▲いただいたチラシの中にこれが!
三象さんが8/19にゲスト出演されるんだ!
というわけで、相棒と観に行くことにしています。楽しみだなあ。

センチュウでランチ

2017年7月29日(土)。帰阪中です。

実家近くに越してきた後輩ちゃんとセンチュウ(千里中央)でランチです。
なんで実家の近くに?ここまでくると、前世からの縁か?と思っちゃいますね。

モノレールがなかったころは、センチュウも遠いような気がしていましたが、今ではモノレール2駅。
便利になったもんです。

和食系のランチを食べたあとは、コーヒーでまったり。

▲スプーンにも絵が。


▲茶店のウィンドウディスプレイ。
後輩ちゃんの撮影。


▲セルシーは今もあります。時代を感じるたたずまいですね。

新しく出来たショッピングモールや千里阪急デパートなどをウロウロ。
何か買い物でもと思いましたが、結局100キンでセロハンテープを買っただけ。


▲帰りのモノレール。
たまたま一番前に座ったので。
おばさんも一番前は楽しいです。(^○^)

小林一三記念館

2017年7月22日(土)。見守り帰阪中です。
この日は池田で相棒とランチの後、ひとりで小林一三記念館へ行ってみました。

▲池田のカフェでランチ。
ランチもおいしかったけど、食後のコーヒーはさらにおいしかったー。

ランチでおしゃべりして、相棒は、諸々予定ありで、ここでバイバイ。


▲小林一三記念館
池田市五月山の麓にあります。阪急池田駅からも徒歩圏内。
小林一三氏は、阪急の宝塚線、そして宝塚歌劇団の創始者。
阪急沿線に住む人には、はずせない大人物ですね。
松岡修造氏は、一三氏の孫という話も有名ですね。(余談)


▲こちらは、小林一三氏の旧邸です。


▲庭から


▲書斎


▲展示室


▲展示室


▲双六

来訪者も少なく、のんびり落ち着いて見て回れました。茶室やレストランもあります。

近くに、美術館(逸翁美術館)もあるので、今度行ってみよう。

離島キッチン

2017年7月17日(月・祝!海の日)
ちょっと更新をさぼっておりました。

この日は、楽しいお友達と3人で、離島の食材を使った料理を提供するお店へ。

▲神楽坂にある離島キッチン


▲ゆでピーナッツ
お皿の柄がいい感じ。


▲手前はおからに似た料理。真ん中はお通し。奥はムロアジのミンチカツ。
揚げたてのミンチカツはおいしかったー!

デザートに食べたずんだアイスクリームも美味でした。


▲コボちゃんもバカンス仕様のお洋服着ています。

楽しいひとときでした。

中山さん→売布神社→清荒神

2017年6月13日。
まいどおなじみに見守り帰阪中。
なんか帰阪中の投稿が多くなっていますね。。

この日は母と、中山さんまで電車で行き、中山さん→売布神社→清荒神まで歩いて、帰りは電車でというコースでした。

▲売布神社の鳥居
中山さんから売布神社までは割と近い。


▲売布神社→そして清荒神の参道を歩いて山門まできました。


▲清荒神境内の奥のほうには、こんな滝があります。
ちょっといいでしょ。


▲お昼は、近くの阪急そばで。
母は、きつねうどんを食べています。

よく歩きました。私は疲れて、午後はお昼寝しましたよ。