淡路島へ遠足に行きました。

2017年5月19日(金)。いつもの見守り帰阪中です。
私は大阪市内の淡路というところで生まれました。
そういうこともあって、淡路島へ遠足に行ってみようと思い立ちました。
ちょっと朝早めに出ての日帰りです。車がないので洲本付近のみの散策予定です。

▲梅田から高速バスに乗ります。午前7時50分発。
往復で4,230円(往復割引き)です。


▲ガラガラです。お客さんは10人以下。


▲車窓から
明石海峡大橋を渡ります。
大昔、父に連れられてちょっとだけ淡路島に来たことがありますが、どこへ行ったのかまるで記憶なし。
もちろん大橋はないから船で渡り、民宿(だったと思う)に泊まったんだったかな。
父は仕事だったようです、確か。


▲車窓から


▲約2時間で洲本バスセンターに到着しました。
バスセンター内の観光案内所で、マップなどをもらい、ボチボチいきましょう。
しかし、良い天気すぎて暑いなあ。


▲お登勢の像
『お登勢』という淡路島を舞台にしたドラマがあったんだそう。


▲大浜海岸


▲黒松がたくさんあります。


▲淡路島文化資料館
中は撮影がNGでした。


▲足湯
タヌキさんがたくさんお出ましですねー。


▲厳島神社の鳥居


▲商店街


▲商店街の中
中学生が描いた絵がありました。


▲街並み


▲ランチ
野菜たっぷりの豚汁。ちょっとこじゃれた内装で、ランチもおいしかったです。


▲レトロなこみち
洲本は城下町。お城跡に行ってみようと思ったのですが、山の上にあるお城で、うっそうとした登山道は誰も歩いておらず、なんかこわくて引き返しました。
車道は歩くには距離があるし。。。であきらめました。
ほんまは行きたかった。


▲おもしろいディスプレイ


▲とある交差点


▲港


▲バスセンター内の売店


▲帰りは淡路交通のバスですね。


▲車窓から


▲まもなく大橋を渡って、本州へ

それなりに楽しかったけど、淡路島はやっぱり車で来た方がいいかもしれないなー。

明大落研の還暦過ぎ落語会

2017年5月13日(土)。
コント赤信号の小宮さんから案内メールが届いたので、落語好きのお友達と出かけました。

▲還暦過ぎ落語会
明大落研に所属していた方々の還暦過ぎ(どんぴしゃ還暦ではなく、ちょっと過ぎているので)落語会です。
コント赤信号の小宮さんと渡邊さんもここの出身なんですね。
中には本職の方もいらっしゃいます→立川談幸


▲チケット
開演前の受付で、私の前に並んでいたご年配の女性に、「かわいいね」とブースカのトートバックをほめられました。

落語はみんなおもしろくて、大笑いしました。
お囃子は生だし、開演前や休憩時間のBGMは当時はやっていた曲、学生当時の写真投影など、色んな趣向もあって楽しめました。
そして裏話も楽しかったですねー。
同行のお友達も、おもしろかったと言っていました。


▲終わった後は、軽くいっぱい。お友達が案内してくれた新宿のとあるお店。


▲ハムカツ

楽しいひとときを過ごしました。

宮崎日南ぶらり旅<4日目>

2017年5月3日(水・祝日)。旅も最終日です。

近場の市内観光。

▲宮崎技術科学館
ロケットが気になる科学館です。


▲入り口付近
さっそく宇宙服!


▲ジェミニ宇宙船(ジェミニカプセル)の実物大の実験用モデル
カプセル内に入ることができるんです。せまーいです。乗るのも一苦労。
左端は科学館のスタッフの女性、乗り込もうとしているのは私です。
身動きがほとんどできない状態で、食事、排泄その他諸々していたそうです。

さて次は…。


▲宮崎駅から一駅電車に乗って、宮崎神宮へ。


▲駅からテクテクと宮崎神宮へ続く道を歩きます。
ちょっとした森です。


▲昔の石棺


▲宮崎県総合博物館
宮崎神宮境内にあります。


▲宮崎神宮の鳥居


▲お社


▲神武天皇をおまつりしています


▲宮崎神宮駅
またJRで、今度は宮崎空港まで直通。


▲宮崎空港駅


▲空港内で遅めのお昼


▲宮崎ともさようなら
ちょっと飛行機の出発が遅れました。
宮崎ぶらり旅、楽しかったな-。

母の待つ大阪へと帰りました。

宮崎日南ぶらり旅<3日目>

2017年5月2日(火)。旅も3日目です。
この日は、バスで日南方面の観光にでかけます。
前日の鉄道と同じ方面ですが、行き先は違います。

▲宮崎駅前のバス停


▲駅の観光案内所で1日乗り放題の乗車券を買い、時刻表ももらって、レッツゴー。
乗合バスに乗っています。

時刻表とにらめっこし、訪問予定の中で一番遠い鵜戸神宮へ向かいます。


▲バスを降りて、鵜戸神宮までの参道。階段が~。。。えっちらおっちら。


▲参道途中にかわいいお迎えさん?が並んでいました。


▲鵜戸神宮の門
海岸沿いにあります。


▲海を見ながら本殿まで向かいます。


▲洞窟の中に本殿があるんです。


▲本殿
すごいところに作ったもんです。


▲御乳岩。これがそうだと矢印がありますが、ん~、よくわからなかった。


▲亀石という岩の上に水がたまった穴があり、その穴をめがけて素焼きの運玉(5個100円)を投げます。
女性は右手で、男性は左手で投げるのですが、そう簡単には入りません。
しかしなんと!相棒は見事ぽちゃんと入りました。良いことあるよ、きっと。


▲こちらは鵜戸稲荷神社


▲神犬石
確かに犬に見えますね。


▲鵜戸神宮のバス停
次の向かうのは。。


▲サンメッセ日南
昔はこんなテーマパークはなかったです。
入場料700円も取るのか!


▲実はイースター島へ行ってみたい私ですが、本拠地まではちょっと行けそうもないので、こちらでガマン(^_^;)
それでも、雰囲気は味わえますね。


▲ちゃんと手もあります。


▲観光客がいるので、なかなかモアイ像だけの写真が撮りにくい。
なんとかこれは人影なしで撮れました。


▲ちょっと上の方から撮ってみました。
モアイ像は楽しかったけど、それ以外はたいして興味そそられるようなものもなく。


▲またバスに乗って→青島に来ました。
青島は3回くらい訪れたことがあります。それでも最後に来てからうん十年。


▲鬼の洗濯板
不思議な形状です。


▲青島神宮の鳥居


▲青島神宮内
絵馬がずらーっと。


▲絵馬がずらーっと並んでいる絵馬トンネル?を抜けると、瓦を投げるところがありました。
なんか不思議な雰囲気の場所でした。


▲さて、青島のバス停から宮崎に戻ります。


▲夜はまたまた違う店へ。


▲これ、おいしかった。


▲牛肉の炒め物。
相棒はタマネギが苦手。。私がひたすら食べました。

つづく…

宮崎日南ぶらり旅<2日目>

2017年5月1日。5月になりましたね。
旅2日目です。

▲この旅のメインイベントと言っても過言ではありません。
観光特急「海幸山幸」に乗って、飫肥まで行きます。


▲ホームに行ったら、すでに入線していました。
おお~。わくわくするなあ。年甲斐もなく。。って、歳は関係ありまっせん。


▲車体の側面には、木材が使われています。


▲「海幸山幸」ロゴ
JR九州はいろんな特急を走らせています。


▲車内


▲オリジナルグッズや飲み物、お菓子を売る売店スペース
「海幸山幸号」のストラップやキーホルダーを自分用のおみやげに買いました。


▲車窓から
青島付近の海岸。洗濯板状の海岸線。


▲先頭車両から


▲約1時間で飫肥に到着
ちなみに列車の終点は南郷ですが、途中で降りました。


▲駅前で、お得なチケットやおみやげがもらえる引換券がセットになったマップ(あゆみちゃんマップ)を購入し、レッツゴー。
飫肥は城下町で、九州の小京都とも呼ばれています。


▲服部植物研究所
ここでは、コケの研究をしていました。
めずらしいコケがいっぱい。不思議な研究室でしたね。


▲旧高橋源治郎家


▲五月人形が飾ってありました。


▲商家資料館


▲商家資料館の内部


▲「こだま」でお昼ご飯
カツオ重。カツオを3種類の食べ方でいただきました。
生で、次に軽くあぶって半生で、最後はお茶漬けで。


▲旧山本猪平家


▲玄関のたたきにモダンな柄のタイルが。素敵


▲写真では分かりづらいのですが、はめ込みガラスに山などの風景が描かれています。


▲鯉が泳いでいますね。
去年も島原で用水路に鯉が泳いでいました。
周りの雰囲気も似ています。


▲松尾の丸


▲飫肥城入り口


▲飫肥城の敷地内
天守閣はなし。


▲小村寿太郎記念館

のんびりまわりました。
帰りもまた「海幸山幸」に乗り、宮崎まで戻ってきました。


▲夜は繁華街のとある店で。
宮崎駅付近は、あまり店がありません。

つづく…

宮崎日南ぶらり旅<1日目>

2017年4月30日(日)。
いつもの相棒と、毎年恒例の九州旅行に出発。
今年は宮崎。旅行計画を決めないといけない時期にバタバタしていて、とりあえず行き先は宮崎、飛行機と宿のみを押さえました。
あとの詳細は、近づいてから決めようということに。

▲相棒と伊丹空港で待ち合わせして、宮崎便に乗り、出発
私は前日に見守りも兼ねて大阪入りしてました。


▲宮崎ブーゲンビリア空港 と言うんですって。


▲空港からバスでJR宮崎駅まで来ました。
駅近くのホテルに荷物預けると、もうお昼。


▲駅ビル内でおうどん。
博多うどんと似ていて、うどんは柔らかく。


▲平和台公園へ向かうべくバスを待ちますが、なかなか来ません。
「すみません回送中です」のバスばかり…(^_^;)


▲やっと平和台公園にたどり着きました。


▲公園内にある「はにわ園」


▲表情がユニーク


▲はにわ館横にある「聖火台」
昭和39年東京オリンピックのとき、聖火リレーの起点として迎えられた聖火が、ここに点火されたそうです。


▲平和台の塔


▲塔は途中まで登ることができます。眺めよし。


▲「平和台」バス停
帰りのバスを待ちます。


▲バスの車窓より宮崎県庁
東国原さんが知事だったころは、観光スポットになっていましたね。


▲夜は駅ビル内の店で宮崎地鶏炭火焼き
タマネギが苦手な相棒は、どうもダメでした。私は全然大丈夫!おいしかったですよ。


▲〆に食べたカツオ茶漬け。これは美味でしたねー。

2日目へと続く…

能勢の春

2017年4月22日(土)。恒例、見守り帰阪中。
相棒とふたり、お互い介護の合間の気分転換です。

▲久しぶりに相棒の車に乗りました。うーん、何年ぶり?2年半ぶりくらいかな。
池田で待ち合わせて、能勢をドライブ。
能勢ドライブなんて、初めてです、わたし。


▲野間の大ケヤキ
ほんまに大きなケヤキ。立派です。たいしたもんです。


▲大ケヤキのそばで、土日のみ営業している「ありなし珈琲」の小屋店。


▲雄大な大ケヤキ見ながら、春の少し冷たい風を感じながら
珈琲は、注文してから豆ひいて煎れてくれます。本格的。


▲ちょっと道の駅に寄ってみました。


▲少し遅めのお昼は、梅わかめうどん
池田近くまで戻ってきて、老舗人気店で。