S! Blog

しょうこさんのブログ <Shouko's Web Site>

S! Blog - しょうこさんのブログ <Shouko's Web Site>

あったんや!池田城

2016年12月17日(土)。
もう恒例となった帰阪中。
池田に実家があるお友達と池田散策。

▲阪急池田駅にある案内図
へー、色々ありますね。
日清のインスタントラーメン博物館もありますよ。以前、行きました。


▲池田城!
池田城なんてあるの、知らんかったです。
お友達も初めて。
地元って意外と知らないもんですね。


▲落ち着いた庭園。


▲天守閣


▲天守閣からの眺め

さて、ボチボチ駅方面へ戻りますか。


▲走るチキンラーメンバス
乗合の阪急バスです。チキンラーメンモノレールもあります。目立つわ~。


▲駅帰り道に見つけたカフェでいっぷく。
なかなか落ち着いた雰囲気の店で、ほっこりしました。

スペーシアに乗って鬼怒川温泉<2日目>

2016年12月12日(月)。鬼怒川温泉2日目。

▲朝、ホテルの部屋から
お天気よさそう。


▲一風呂浴びてから朝食


▲朝食から戻ると、だいぶ陽も昇っていて、楯岩もよく見えます。
昨日は思っていた以上に寒くて、鬼怒川ついたときはちらちらみぞれみたいなのも舞っていましたからね、今日の方がお天気良さそう。

今日は何処へ行く?あれこれ相方と相談して、竜王峡へいくことにしました。
バスで行こうと駅まで行ってみたものの、竜王峡へ行くバス停はどこ?
ウロウロしているうちに、バスが行ってしまいました。あれま。


▲じゃ、電車で行くか。ちょうどまもなく出る電車がありました。
途中まではJRですが、途中から会津鉄道になるらしい。


▲鬼怒川温泉駅から3つ目の竜王峡駅で下車

ハイキングコースがあるとのことで、駅近くのお土産屋さんでハイキングマップをもらい、さて出発。帰りのスペーシアに間に合うよう、行けるところまで行こう。


▲虹見の滝


▲渓谷がすてき


▲道標


▲虹見橋


▲虹見橋から虹見の滝を望む


▲木道をてくてく


▲ミズバショウ湿地
すっかり冬の装い。春や夏はどんな感じなんかなあ?


▲渓谷、いいね。


▲むささび橋


▲渓谷はまだまだ続く
大観 というらしい。


▲案内図
なんでも夏場は山ビルが出るらしく、注意喚起の貼り紙が。
さすがにこんだけ気温が低くなると、大丈夫みたいですが。
夏場~紅葉時期、素敵なハイキングコースのようだけど、山ビルはいやだなあ。


▲岩脈
マグマが岩の割れ目をつたって、地表近くまで出てきたもの。


▲こちらは柱状節理
これもマグマが地表近くで冷えて固まったものらしいです。


▲前を歩く相方
ふかふかさくさく、落ち葉の上を歩くのは気持ちいいなあとご機嫌です。


▲五光岩
他にも、「兎はね」とか「かめ穴」という標識があり、説明もありましたが、写真にはうまく収められませんでした。

時間の都合で、ここらでバス道へ出るルートへ。


▲バス停
ここから鬼怒川公園駅まで乗ります。


▲お昼は、鬼怒川公園駅近くの食堂で
もちょっとこぎれいな店もありましたが、相方がこっちへ入ってみたいというので。


▲レトロな店内
ほほう。なんか珍しいものが…。


▲なんとジュークボックス!
今の若い人にはわからんだろうなあ。
一回30円って。


▲私が頼んだのはこれ。鍋焼きうどん。

お昼食べてほっこり。
さて、ボチボチ鬼怒川温泉に向けて歩きますか。


▲浅見橋
また吊り橋か。。やだなー。


▲へのカッパで渡る相方
もちろん私はへっぴり腰で渡りましたよ。


▲ふれあい橋
こちらは吊り橋ではないし揺れないので、大丈夫!よかったー。


▲橋の途中


▲橋の途中で
向こうの方で岸工事。そういや1年ほど前、大雨で鬼怒川が氾濫したなあ。
もっと下流が大変だったのですが、このあたりも少なからず被害があったと記憶しています。


▲だいぶ戻ってきました。
池の脇に建つこちらのカフェでのんびり。


▲15時過ぎ発のスペーシアで帰りまーす。


▲夕食は近所の大戸屋
定食が夜もお安い価格で食べられるのがいいね。

ホテルの食事はイマイチでしたが(部屋は割と広かったのでOK)、温泉はとても良かったです。
ハイキングもできて、リフレッシュできた2日間でした。

スペーシアに乗って鬼怒川温泉<1日目>

2016年12月11日(日)。
前々からスペーシア(東武)に乗ってみたかったのです。
スペ-シアに乗って鬼怒川温泉へ行こう!というかるーい発想のたびです。

▲池袋から乗ります
浅草からも運行されていますが、我が家からだと池袋が便利。新宿からJRルートを走るスペーシアに乗ります。


▲入線
電車動いているし、人も多くて、うまく撮影できません(涙)。


▲車内はこんな感じです。
観光列車なので、ゆったりシートです。


▲お昼は、池袋で調達したお弁当


▲12時38分、鬼怒川温泉に到着しました。
ちょうど2時間の列車旅ですね。


▲鬼怒川温泉駅


▲駅前には、足湯とか鬼の像が。


▲先に荷物を置きにホテルへ。今夜のお宿はここ、パークホテル。
荷物置いて、散歩散歩。


▲鬼怒楯岩大吊橋
揺れるんです。


▲あちらまで渡ります。。高所恐怖症のためまともに橋を歩けません。
へっぴり腰で脇目もふらずひたすら対岸を目指します。
同行の相方に笑われました。

渡った先から左右に遊歩道があり、右に行くと展望台があるとのことで、そちらへ。


▲楯岩鬼怒姫神社
左側に階段が見えますが、これを上っていくと展望台です。


▲展望台
これがまたこわい。高所恐怖症の私には、ちょっと。。。のんびり風景を楽しめません。
さっさと下へ降りました。

展望台を降りて、来た道を戻り、今度は左へ行きます。


▲古釜の滝


▲末広池

またまた元来た道を戻り、再び吊り橋をへっぴり腰で戻ってきました。


▲鬼さんの像があちこちにあります。


▲さて、そろそろ宿に戻りましょう。


▲おっとここにも鬼さんが。鬼怒太というらしい。

宿について、やっぱり温泉よね!


▲夕食
うーん、食事はイマイチだったなあ。まあ普通。

寝しなにもう一度温泉に入り、おやすみなさーい。

お城シリーズ? 和歌山城へ行く

2016年12月3日(土)。
和歌山城へ行ってきました。
またまたお城ですねー。たまたまです。

▲難波から南海特急に乗って


▲和歌山市駅に到着
良いお天気。和歌山城まで歩きます。


▲歩道橋から和歌山城が見えます。


▲和歌山城は、徳川吉宗公ゆかりの城


▲西の丸庭園から入ります。


▲紅葉まっさかり。もみじが美しい!


▲そんなに大きな庭園ではないのですが、素敵なたたずまい。


▲茶室ともみじ


▲もみじ100%


▲右に見えるのは、御橋廊下
特定の者だけが西の丸と二の丸を行き来するために造られた橋状の廊下


▲御橋廊下
復元されたもの。


▲和歌山城


▲こちらから天守閣に入ります。
お城は復元された建物。


▲天守閣からの眺め
紀ノ川が向こうに流れています。


▲伏虎(ふしとら)
和歌山城が伏した虎に見えたことから「虎伏竹垣城」とも呼ばれたらしいです。
元々は銅像だったらしいですが、戦時中に供出され、これは2代目の石像。


▲街中を歩いてJR和歌山駅へ


▲JR和歌山駅


▲帰りはJRで

三度目の姫路城

2016年11月30日(水)。帰阪中。
修復後の姫路城へ行って来ました。三度目です。
最初は、小学生の頃、叔父さんに連れられて行きました。
二回目は、学生時に友人と。

▲JR姫路駅


▲駅から見えるんですね、姫路城。
確かに白いです。


▲だから白鷺城ともいいます。


▲いちょう並木
紅葉も終盤ですね。


▲姫路城内へ踏み込んだら、お昼は食べられない。。。ってことで、先に腹ごしらえ。
ここは、1階がかまぼこやさんで、かまぼこやさんが2階で経営しているお蕎麦屋さん。
かき揚げかまぼこがお蕎麦に添えられています。揚げたて最高。
話し好きの大将が、「一時期より観光客が減った」と話していました。


▲到着


▲到着しましたが、天守閣まではちょっと距離があります。
たたずまいが美しいです。


▲天守閣に向かって


▲門


▲またまた門


▲やっと天守閣入口です。


▲天井が興味深い


▲昔のまま。ロマンを感じます。
階段は急で気をつけて上らないと危ないです。


▲槍を置いていたんでしょうか。銃かな?


▲やっと頂上階。しっくいが白くて美しいです。


▲白いのがよくわかりますね。


▲武者隠し


▲大柱


▲こちらは修復中で、見学もできます。


▲修復されていないところもありました。
しっくりが黒いですね。


▲お菊井戸


▲二の丸から
どこから見ても美しいですね。


▲西の丸 百間廊下
240メートルくらいあるそうです。


▲出入り口


▲しっくいの材料


▲百間廊下方面から見た姫路城


▲出口
足軽さんがお見送りしてくれました。


▲駅近くのタルトカフェ


▲お蕎麦屋さんの1階で買った練り物
おみやげに買いました。おいしかったー。

中山さん

2016年11月28日(月)。
帰阪中です。ずーっと帰阪しているわけではないのですが、たまたまネタが帰阪時のものになっています。

この日は、母が中山さんから奥の院の方へ歩きに行こうというので、ついていきました。

▲中山観音駅まで阪急電車に乗ります。
昔は「中山」という駅名だったのですが、数年前に「中山観音」に変更になりました。
宝塚沿線では、「服部」も「服部天神」という駅名に変更されています。


▲どうしても映り込んでしまいますね。私が映り込んでいます。
スヌーピー電車、かわいい。


▲中山さん


▲境内参道
しかし、中山さんに来たのはうん十年ぶりで、さっぱり覚えていません。


▲街並みが見えます。


▲奥の院に向かって歩きだしました。前を歩くのは、母85歳。


▲お地蔵さん


▲夫婦岩


▲奥の院到着


▲いちょう落ち葉の絨毯

能勢電乗って妙見山

ちょっとブログ更新をさぼっていましたね。
やっと更新です。
実家で色々と用事があり、帰阪中の2016年11月5日(土)。
▲朝食
母が作ったホットサンド。朝はだいたいこれ。(コーヒーは私の担当)
手間ひまかけて作っているので、おいしいです。
私が用意してもいいのですが、母ができることはなるべく母にやってもらうようにしています。ボケ防止です。

天気も快晴だし…ってことで、横浜から帰阪した弟と最寄り駅で合流、母と3人で妙見山へハイキングへ行くことになりました。


▲川西能勢口で能勢電に乗り換え。
能勢電に乗るのは、うん十年ぶりかも。


▲妙見口駅


▲ハイキング


▲ケーブルカーに乗ります。


▲お昼は、おうどん。おいしかったー。


▲こんなかわいいトロッコ電車も。子供用らしいけど、大人も乗っていました。
私たちは乗らなかったけどね。


▲妙見山の山頂へ向かってテクテク。
けっこう歩きました。85歳の母も、平気で歩いちゃうんだから、すごい!!
体力、脚力は60歳代か?

妙見山には日蓮宗のお寺があり、お参りもしてきました。
母は「ここ、来たことあるわー」と言っていましたが、私と弟は初めてでした。